sin

すばらしき世界

君は迷っているのかな?
理由を聞かせておくれよ
自問自答繰り返して
不安に蝕まれる日々かい?
紙のようにうすくペラペラ
それでいて鉛のように重く
ひざを抱え考える
人間のその汚さに

少し似た霞んだこの世界を僕はまだ生きて
届くように声を聞かせて
自分は誇れるんだって

色づいていく濡れた景色と
赤みを帯びた光の先に
きっとある「すばらしき世界」
その一部は今も見ている

そうさ僕らろくでもない世界を生きてる
裏側の素晴らしい世界
人間のその優しさに

少し似た霞んだこの世界を
僕は今日も生きて
届くように声を聞かせて
自分は誇れるんだって

まだまだ間に合う終わってなんかいない
永遠に途上
喧騒のなか疲れ果てても
それすら愛せるんだって